フランス アンティーク サルグミンヌ(sarreguemines) 花形リム セミデミタスカップ&ソーサー 2客セット アイボリー

  • DE-EB14111001-2
  • DE-EB14111001-2
  • DE-EB14111001-2
  • DE-EB14111001-2
  • DE-EB14111001-2
  • DE-EB14111001-2
soldout
フランスの老舗サルグミンヌ(sarreguemines)社の花形リムシリーズのカップ&ソーサー2客セットになります。
セミデミタスサイズのカップ&ソーサーでエスプレッソにぴったりのサイズです。
刻印のタイプから1920年~1950年頃に製産されたものかと思われます。
優しいアイボリーカラーで花リムのデザインが柔らかく、それでいて気品のあるデザインです。
2客とも同じデザインですが、それぞれ色味や質感が違うのもアンティークの魅力ではないでしょうか。

年代物になりますので経年による小キズや擦れ、小さなチップなどの若干のダメージはありますが永い時を経た風合いを残しながらも非常に保存状態の良い製品でこれからも永くご愛用いただける逸品です。

どなたか大事に使用して頂ける方のご購入をお待ちしております。

■サイズ
カップ(約) – 直径:6.8cm 高さ:6.2cm 重さ:90g 容量:75~100ml
ソーサー(約) – 直径:13cm 重さ:105g

■Sarreguemines(サルグミンヌ)とは
Sarreguemines(サルグミンヌ) とは1784年(1790年とも言われる)に創業された陶磁器ブランドでフランスとドイツの国境に位置する町サルグミンヌでサルグミンヌ窯の歴史が始まりました。
ナポレオンも愛したといわれるその品質のすばらしさから大きな会社へと急成長を遂げるも1870~71年の普仏戦争の結果、サルグミンヌがフランス領からドイツ領となり、サルグミンヌ窯は1879年にフランスのブルゴーニュ地方の小さな町ディゴワンへと窯を移すことになりました。
Sarreguemines(サルグミンヌ)はそこで当時すでに陶器の制作を行っていたカフェオレボウルで有名なDigoin(ディゴワン)と合併し、その後はディゴワン&サルグミンヌとして陶器の生産を行っていました。
2つの窯が一緒になってからもサルグミンヌマーク、ディゴアンマーク、サルグミンヌ・デイゴアンマークと3種類の刻印が使われていましたが1970年以降はサルグミンヌマークの刻印は使われなくなってしまいました。 その後、1978年に買収されるまで食器の生産を行っていましたがこの年で終了。ディゴワン&サルグミンヌとしては2007年に廃業しています。

ブランド
Sarreguemines
商品状態
中古 (USED/VINTAGE)
商品番号
01176
在庫状態
売切れ
PAGE TOP ↑